ホーム > 電動オナホール > JAPANTOYZ(ジャパントイズ) NOL GLEPIS(ノール・グルピス)

NOL GLEPIS(ノール・グルピス)

商品の質問掲示板この商品に対しての質問を
スタッフが掲示板でお答えします。

0件

JAPANTOYZ(ジャパントイズ)

NOL GLEPIS(ノール・グルピス)

■定価:オープン価格

■特価:[税込み\15,984, 獲得ポイント:296pt.(会員のみ)]
(税抜)

備考

回転とピストンが同時に楽しめる電動オナホールNOL GLEPIS(ノール・グルピス)。スピードを10段階でコントロール可能。

ログイン/会員登録をしてほしい物リスト機能を使おう!
※ログイン/会員登録をしてほしい物リスト機能を使おう!

商品ラインナップ

商品コード 商品名 価格 購入
ho756 NOL GLEPIS(ノール・グルピス) ¥14,800 (税込¥15,984) 買い物カゴに追加

商品説明

NOL GLEPIS(ノール・グルピス)

回転とピストンが同時に楽しめる電動オナホールNOL GLEPIS(ノール・グルピス)

NOL GLEPIS(ノール・グルピス)パッケージ

NOL GLEPIS(ノール・グルピス)各部寸法

フタを開けると挿入部が現れます。

挿入部正面写真と寸法

挿入部は取り外し可能。

内部は「A10サイクロン」のインナーカップのようなインナーホールがケースに収まった状態の物が入っています。

ケースのフタを外すとインナーホールが取り出せます。

ケースから外すと「A10サイクロン」のインナーカップとサイズは一緒でした。

内部構造も似ている突起のみの構造。

試しに「A10サイクロン・It'sフリー」をケースに装着したところ違和感なくセットできました。

「A10サイクロン・It'sフリー」のケースを本体に装着したところ、こちらは上手くはまりませんでした。ケースをはめ込む部分の造りが異なり、刺さるものの簡単に抜け落ちてしまいます。

電源はUSB充電。約2〜3時間の充電で約2時間の使用が可能。

個別のパターン操作やスピードの操作など、複雑な操作が可能。パターンはそれぞれ10種類。スピードは10段階あります。

角度調整機能があり、ネジを緩めて角度を調整します。

角度を決めたら、ネジを締めなおしてください。

底面は吸盤仕様。吸着させる場所に置いたら、レバーを回してください。

吸着させるか、手で持ちお楽しみください。

NOL GLEPIS(ノール・グルピス) 動画です。

NOL GLEPIS(ノール・グルピス) メーカー動画です。

NOL GLEPIS(ノール・グルピス)

回転とピストンが同時に楽しめる電動オナホールNOL GLEPIS(ノール・グルピス)。RENDSさんのA10ピストンが販売終了して以降、当店ではピストン系の電動オナホールがなかったため、新たに取り扱いを開始しました。

動作音は比較的静かだと思いますが、回転に加えピストンですから、それなりの音がします。そのため、家族や同居人がいらっしゃる方は気になるレベルの動作音かと思います。

インナーホールは「A10サイクロン」の本体付属分と似た構造で、大きさも一緒。そのため、「A10サイクロン」のインナーカップをお持ちでしたら、こちらに付け替えて使用可能です。ただし、その際はケースはNOL GLEPIS(ノール・グルピス)のケースに付け替えてください。そのまま使うと本体に上手くハマらず、取れてしまいます。

低速時こそトルク不足から動作が鈍ることがありますが、スピードを上げるとスムーズに回転します。ただ、強く押し付けたりすると動きがまた鈍ることがあります。操作は回転とピストンを個別、もしくは同時に操作可能。スピードの操作も可能ですが、回転&ピストンモード時は回転スピードとピストンスピードを個別に操作はできません。一時停止させる場合、説明書には記載がありませんでしたが、スピードボタンを長押しすると止まりました。または、長押しで電源を落とすかしか、動作させる方法がありません。そのため、イッた後に動作を止めたい場合、長押しするかペニスを動作している中引き抜くしかありません。イッた後の敏感な状態で刺激されると「イタタタ」となってしまうため、すぐに止まる一時停止ボタンがあればよかったなと思います。

使用するローションですが、内部で飛び散ってしまう恐れがあるため、粘度の高いローションがオススメです。サラサラしているものではなく、ジェル状の硬めの硬度。

尚、イヤホンジャックがあり、イヤホン差しFボタンを長押しすると女性の声が流れます。音量の調整などはできず、オマケ程度です。

モニタリングでの印象としては、回転系の電動ホールだけでは刺激の足りなかった方も十分楽しめる刺激かと思いました。また、A10ピストンのピストン刺激だけで物足りなかった方も回転が加わることで、絶頂に達しやすくなっているかと思います。また、10段階のスピード調整で刺激が調整しやすく、さらに10段階のパターンで好きな刺激を探しやすかったです。

同時に取り扱いを開始した「Happiness Cup(ハピネスカップ)」との比較は次の通り。
・トルクこちらの方が弱く、回転やピストンがたまに止まる時が見受けられました。。
・スピードのコントロールができない「Happiness Cup(ハピネスカップ)」と比べ、こちらはスピードのコントロールが可能。
「Happiness Cup(ハピネスカップ)」には一時停止ボタンがあり、こちらはにはない。
「A10サイクロン」のインナーカップが取り付け可能。
・こちらの方が価格が高い。

トルクの弱さが少し気になり、モニタリングした際には動きが鈍る瞬間も見られましたが、十分刺激を堪能できました。スピード調整が可能という点が、「Happiness Cup(ハピネスカップ)」よりも大きく優れているように感じます。ただ、こちらには一時停止ボタンがないため、イッた後の余韻を楽しむにはイキそうな時にスイッチを長押しして切った方がよさそうです。トルクが弱いことで、じっくりまったり楽しむには物足りないですが、回転スピードを高くし、強い刺激でささっとイクのに向いていると思います。

【スタッフU】



こちらもどうぞ - この商品の関連商品

この商品を購入された方は、こちらの商品も購入されています。