ホーム > ダッチワイフ > ホットパワーズ ホッパッピロー

ホッパッピロー

商品の質問掲示板この商品に対しての質問を
スタッフが掲示板でお答えします。

0件

ホットパワーズ

ホッパッピロー

■定価:税抜 \3,500

■特価:[税込み\1,749, 獲得ポイント:32pt.(会員のみ)]
(税抜)

備考

オナホールを固定して、腰ふりプレイ! オナホ固定グッズ“「ホッパピロー」”。

従来品よりも穴の内径が広いため、「名器の品格」や「ヴィーナスシリーズ」も装着可能です。

メンテナンスの際の注意点として、水洗いは厳禁です。張り合わせたビニール同士の隙間に水が入ってしまいます。メンテナンスは除菌スプレーや除菌ティッシュなどをお使いください。

※オナホールは付属していません。

※2014年10月15日よりパッケージデザインが変更されました。また、装着穴が非貫通タイプから貫通タイプに仕様が変更されました。これにより前後からグッズを装着できます。

ログイン/会員登録をしてほしい物リスト機能を使おう!
※ログイン/会員登録をしてほしい物リスト機能を使おう!

商品ラインナップ

商品コード 商品名 価格 購入
da115 ホッパッピロー ¥1,619 (税込¥1,749) 買い物カゴに追加

商品説明


ホッパッピロー




ホットパワーズさんから発売されたオナホ固定グッズ“ホッパピロー”。某芸人のギャグのようなネーミングが気になるアイテムです。
しかし、パッケージをみると“中型ホールの最大クラスまでカバー オナホも股間もガッチリホールド!おやすみなさいのホッパッピローですぅ☆ ”というライトノベルのような長い名前が正式名のようです。

※2014年10月15日よりパッケージデザインが変更されました。また、装着穴が非貫通タイプから貫通タイプに仕様が変更されました。これにより前後からグッズを装着できます。




同ジャンルのアイテムである「ピストンマジック」はアニメキャラのプリントがありましたが、“ホッパピロー”は無地になります。




穴の内径は約9cm。「ピストンマジック」に比べ、2cmほど広い内径が魅力です。




弁があるので、それを開きながら空気を注入してください。




“ホッパピロー”各部寸法
片手では持ちづらく、両手を添えて腰を振って楽しむのに適しています。




何も入れない状態で膨らませると内側も脹らみ穴がふさがります。




オナホールなどをセッティングする場合、空気が抜けた状態でセットします。




空気を入れている途中、オナホール徐々にズレてくることがあるので、微調整しながら空気を最後まで入れます。
空気の量はオナホール内の圧をみながら、調整しましょう。
「ピストンマジック」では入らなかった当店オリジナルオナホールの「ヴィーナスシリーズ」もこの通り収まりました。





大きいオナホールだけではなく、小型オナホールの代表格「ボクのおなぺっと」へ装着することができました。



ダッチワイフでの装着が難しい「名器の品格」もカンタンに装着できました。



フレッシュライトシリーズも装着できます。ただ、貫通タイプなので、使用後のメンテナンスが少し大変です。



一本物のバイブ「ボス・バックストレート」を装着してみました。コントローラー部分がツルツルとした滑らかな表面のため、固定力が低くなります。両脇を強く押しつぶし、握るようなイメージで持てば何とか使えますが、実用性は低そうです。



ディルドの場合、玉袋がなしが装着しやくなります。玉袋なし、吸盤付きのディルド「リベロ・リアルソフトディルド」を装着してみました。固定できたものの、吸盤が邪魔で固定力は低く感じます。



巨大ディルド「ワムバンガー」も装着することが出来ました。ただ、重すぎるため、両手であっても持ちづらく感じます。かといって跨って使うのには向いていません。
しかし、こういった玉袋なし・吸盤なしが装着に適しています。



双頭ディルド「シェア」を装着してみました。
こちらは玉袋なし・吸盤なし、そして重量もそれほど重たくないため、一番実用的な装着例に感じました。
ホッパピロー

ホットパワーズさんから発売されたオナホ固定グッズ“ホッパピロー”。某芸人のギャグのようなネーミングが気になるアイテムです。
しかし、パッケージをみると“中型ホールの最大クラスまでカバー オナホも股間もガッチリホールド!おやすみなさいのホッパッピローですぅ☆ ”というライトノベルのような長い名前が正式名のようです。

ラブクラウドさんから発売されている「ピストンマジック」と同ジャンルのアイテム。枕のような円柱状のエアーアイテムで、内側にオナホールなどのアダルトグッズを固定して、楽しむアイテムです。

基本的な性能はほとんど差がなく、一体どこが違うのかと言いますと、まずは見た目です。「ピストンマジック」がアニメキャラがプリントされているのに対し、この“ホッパピロー”は無地。味気のない見た目に感じますが、アニメが苦手な方に向いていますし、保管時に誰かに見られてもアダルトグッズとバレないというメリットがあります。

そして、最大の違いが内部の径の大きさが2cmほどアップしています。今まで装着できなかったオナホールや装着しづらいオナホールもカンタンに装着できます。

ダッチワイフと同様にオナホールに自然な圧が加わることで刺激がアップし、両手を添えて腰を振りピストンすることで、手で使う時以上の使用感が楽しめます。
そして、ダッチワイフよりも膨らます手間が少なく、保管が便利と使用するハードルが低いのも魅力です。

オナホールだけではなく、ディルドに装着して楽しむこともできます。ただ、ディルドの場合、玉袋や吸盤があると装着しづらく、種類によって向き不向きがありそうです。バイブも装着できますが、コントローラー部分で装着するため、使い勝手が悪く感じます。

メンテナンスの際の注意点として、水洗いは厳禁です。張り合わせたビニール同士の隙間に水が入ってしまいます。メンテナンスは除菌スプレーや除菌ティッシュなどをお使いください。

※2014年10月15日よりパッケージデザインが変更されました。また、装着穴が非貫通タイプから貫通タイプに仕様が変更されました。これにより前後からグッズを装着できます。

【スタッフU】





こちらもどうぞ - この商品の関連商品

この商品を購入された方は、こちらの商品も購入されています。